転職で絶対失敗しない方法【2021年版】おすすめサイト

この記事は約7分で読めます。

転職したいあなたへ

はじめまして。
普段は、外資系大手IT企業の日本法人で会社員をやっている管理人です。

このページを見ているという事は、現在働いている会社を転職したい方や、別の仕事をしたくて転職活動を検討し始めた方でしょうか。
転職の動機は様々な理由があります。人間関係に疲れた給料が上がらないボーナスが出ない会社の業績が下がって先行きが不安精神的に疲れた人事に納得がいかない、、、など十人十色の事情があり、その理由については正解も不正解もありません。
あなたが感じている事が、唯一の事実なんです。

実は私も転職をした内の一人ですが、今の会社は前にいた会社とは比べものにならないほど居心地が良く、従業員を大切にする姿勢が行動に現れていて、現在の会社に転職できたことをについて大変満足しています。

そんな私が様々な転職活動を試していく中で、とても良かった方法や考え方をお伝えしていければなと思っていますので、40代、30代、20代と年代に関わらず、転職のコツや求人情報の探し方など、転職で成功する道筋をお伝えできれば幸いです。

20代、30代、40代の転職

40代後半男性
40代後半男性

やっぱり、40代も後半になると年齢的に不利になって

転職活動なんてできないんじゃないの?

30代前半女性
30代前半女性

社会人になってからフリーターと派遣しか経験もないし

今さら正社員で雇ってくれる会社なんてあるのかしら・・・

やはり、20代、30代、40代の求人情報は性質が違うことが多いですね。20代では経験不問でも、30代になると経験を求められたり、40代になると管理能力も求められたりすることがあります。とは言っても、年齢不問・未経験OKといった求人も散見されるので、年齢や経験だけで転職を諦めることはありません。

転職のコツを教えます

まわりくどい説明は行わず、転職のコツを早速教えちゃいます。

ポイント

転職がうまくいく人と、うまくいかない人の差は、ここに挙げるコツを抑えているかどうかで綺麗に分かれるよ。

転職は市場規模と動向で決める

絶対にこの業界に入りたいと決めている方は別として、多くの方はせっかく転職したのなら失業リスクを避けたいでしょう。また、コロナのようにエマージェンシーが発生した時に、突然の解雇や休業・休職を迫られて収入ゼロなんて事態に陥りたくないですよね。

という訳で、転職のコツ(その1)は、求人企業が位置している市場規模と市場の動向ベースで考えましょう。
そのためには、求人を出している企業がどういった業界なのかという点を見極める必要があります。
これは転職がうまくいく、うまくいかない以前の問題です。

数年に渡ってウォッチングしていますが、安定して人気が高いのはIT業界。
Google、Sony、楽天、Amazon、Apple、IBMあたりは特に人気です。
コロナ禍でのDXや、テレワークの急激な普及といった環境の変化も追い風となっており、全社が増収増益を更新しているのは報道でご存じの方も多いでしょう。
もちろん、人材募集も活発に行われています。
 

えっ!IT業界!?
パソコンには詳しくないし、プログラミングとか専門用語なんか、まったく知らないんだけど・・・

と、思うでしょ?

IT業界だからパソコンに詳しくなければとか、プログラミングができなければというのは、固定観念なんだよ。

これから、その固定観念を取っ払う作業をしましょう!

業界に関する固定観念を取り払おう

転職のコツ(その2)は、「業界に対する固定観念を取り払う」こと。
コロナ前、コロナ禍に関係なく成長しているIT業界。

どうせ転職するなら、伸びているIT業界に就職したいけど、専門的なプログラミング用語も知らないし、資格も持ってないから履歴書には何も書けないと思い込んでいませんか?

それは思い込みです。
IT業界の求人=プログラマーとは限りません。
会社なので、中小企業以上であれば総務や経理、営業といった職種もあります。さらに、規模の大きな企業になってくると、コンプライアンス部門やマーケティング部門、企画部門、広報部門、社長室、受付に至るまで細分化されていき、必ずしもプログラマーである必要はないのです。

IT業界を一例にしてみましたが、これはどこの業界でも同じことが言えると思います。

中小企業より大企業

転職がうまくいくコツ3)として、資本金10億円以上の大企業と中小企業だったら、迷うことなく大企業を選びましょう。

これは私個人の経験からとなりますが、やはり大企業はコンプライアンス、福利厚生で安心して働くことができます。

私の職歴の中で、一度だけ中小企業に勤めたことがありますが、すべてにおいて混沌としていますし、コンプライアンスどころかモラルその他の意識の低さ、ハラスメントの横行など、とにかく酷かったです。
特に中小企業独特の生産性の低さは、日本固有の問題点として知られており、解決しなければいけない課題でもありますね。

転職のコツ まとめ

転職するなら、大きな市場規模で尚且つ伸びている市場で経済活動をしている会社を選ぶ。
知らない業界であっても、自分ができる職種の求人が出ることもあるので狙い目。

コロナ禍の求人

求人数は増えてる?減ってる?

新型コロナウイルス感染症の拡大は、旅行業・観光業・飲食業・小売卸・ブライダル業に至るまで様々な人々に影響を与えていますが、一方でIT業界ではテレワークの普及によって、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を囲む関連業界、プログラミングやコーディング、アウトドアブーム、巣ごもり需要に関わる宅配食品やゲーム業界など、コロナ禍であっても好調な業界は多く存在します。

現に、2021年5月の求人数は、コロナ前の2019年5月と比較して84%まで戻ってきているという調査結果も発表されていました。
※2021年7月現在

現在の日本経済と照らし合わせて、求人件数は総じて増えているということになります。

2021年7月以降の求人予測

2020年は新型コロナウイルスの拡大によって、求人を抑えていた企業がワクチン接種の広がりとともに求人を再開する動きが各社で予測されています。

特に未経験歓迎の求人と、前職のスキルを生かした即戦力求人に二分化するようです。

旅行・観光業界と小売・飲食は現在がもっとも底なので、求人件数や求人倍率、求人増加率といった数値で表すと、著しく増加すると考えられますが、先述したとおりに一旦立ち止まって業界の市場規模や先行きを熟考したうえで転職活動を始めることをおすすめします。

転職おすすめ業界

2020年6月と2021年6月の求人データを基に比較したところ、全体の求人件数は前年比で+120%前後と求人件数は増えています。
先述した通り、企業側がワクチン接種が行き渡ることを想定した求人となっていますが、金融その他のカテゴリでは減少しています。
これは国の補助金や特別融資によって、借入が減ったことや昨年同時期は補助金のシステムが構築されていなかったことも影響しているのではないかと考えます。

2021年7月現在の転職おすすめ業界は、IT・通信系、メディア系ですね。
理由として挙げられるのは、IT・通信の技術革新は止まることがなく、常に入れ替え・置き換えによって進化していくため、既に設備が整った企業でも頻繁に入れ替えが行われるからです。
これはIT企業に在籍して、国や大企業のシステムを受託している管理人自身が毎日この目で見ているから確実に言えます。

関連してメディア系も同じことで、配信の主軸がテレビからYouTubeやニコ動に変わり、さらにアプリで配信する人も多くなってきたように、こちらのカテゴリーも進化が止まりません。
システム自体の流行り廃りはあっても、ベースとなる配信システムやアプリ製作とアップデートは止まりません。
スマホがなくなる世界に移り変わっても、そのベースは同じでしょう。

転職サイトを活用しない手はない

ここまで、転職についての方向性や求人動向について書いてきましたが、これらをすべて自分で探すのは大変な作業になります。

そこで有効利用したいのが、転職サイト。
実際に使った私の経験談として、すごく良いです。
転職サイトを利用するメリットはたくさんありますが、デメリットはありません。
あえて言うなら、転職が決まったあとも放置していると、スカウトや面接確約メールが届くぐらいでしょうか。

では転職サイトとは、どういうものなのか実際に使って転職成功した私の事例も交えながら説明していきます。

本記事の対象地域

都道府県

北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県

県庁所在地

札幌市,青森市,盛岡市,仙台市,秋田市,山形市,福島市,水戸市,宇都宮市,前橋市,さいたま市,,千葉市,新宿区,横浜市,新潟市,富山市,金沢市,福井市,甲府市,長野市,岐阜市,静岡市,名古屋市,津市,大津市,京都市,大阪市,神戸市,奈良市,和歌山市,鳥取市,松江市,岡山市,広島市,山口市,徳島市,高松市,松山市,高知市,福岡市,佐賀市,長崎市,熊本市,大分市,宮崎市,鹿児島市,那覇市

タイトルとURLをコピーしました