保育士が疲弊するブラック保育園とは?「もう限界」と感じる保育士が働きにくい共通の特徴

保育士が疲弊するブラック保育園とは?「もう限界」と感じる保育士が働きにくい共通の特徴

保育士が疲弊するブラック保育園とは?「もう限界」と感じる保育士が働きにくい共通の特徴

ブラック保育園に共通する特徴ってどんなこと?もしかして自分が働いている保育園はブラック?これが普通なの?といった疑問や、保育士として転職、初めて働く前に知っておけば良かった!と後悔する前に、この記事を読むことで解決できます。

保育士が疲弊するブラック保育園とは?「もう限界」と感じる保育士が働きにくい共通の特徴

保育士の求人・保育士転職のまとめ

ブラック保育園に共通する特徴

ブラック保育園とは

ブラック保育園とは、サービス残業や自宅への持ち帰りも含めた時間外労働への対価不払い、拘束時間の長さ、本来は労働者に認められている有給休暇が取得できない、ハラスメント(セクハラ、パワハラ、モラハラなど)、法令や地域条例違反といったような内容が第三者でも判断できる状況の保育園を「ブラック保育園」と定義しています。

園長やオーナーの独裁色が強く感じられる

保育園の多くは、社会福祉法人のように法人化されているとはいえ、実態としてワンオーナーのような組織体制がほとんどを占めています。

中には、オーナー=園長という、一代で築き上げられた保育園も少なくないでしょう。

そういった背景があるために、どうしても園長や副園長の経営方針色が強く反映され、一般職員である保育士さんの業務に口出しをしてくる保育園が多くでてきてしまいます。

例えば運動会や学芸会、夏祭りから入園式や卒園式まで、職員たちで企画した内容に対しても内容変更を求めてきたり、誰かが犠牲にならないと達成できないほど職員の負担が増えたりする業務命令を行ってくることも多々あります。

業務だけならまだしも、気に入らない保育士さんに対する人格否定やイジメなどは悪質と思って良いでしょう。他の職員がいる前での叱責も同様に、ブラック保育園と考えて良いかと思います。

保育士としての仕事量が多すぎる

保育士の仕事は、世間でイメージされている子供のお世話だけではありません。

先述した季節のイベントでは、早ければ一年前から準備を始めます。遅くとも前年度末までには年間スケジュールを立て、保護者会のメンバーと予算の割り振りや、備品のチェックを行い、不足していないかなど確認作業を行うなど、表面だけでは分からない裏方さんの業務も行わなければいけません。

学芸会やハロウィンなどの屋内イベントでは、飾り付けのアイデアを考えたり、場合によっては内職を自宅に持ち帰るなんて経験をされた先輩保育士さんも多いでしょう。

業務外の時間にアイデアを考えろと言われたから、即ブラック保育園とは言い切れませんが、そういった状態が蔓延化しており、誰も疑問を持たない状態は、ブラック保育園と言って良いかも知れません。

有給休暇を適度に取得することができない

年間を通して有給休暇を取ることができない。これまで一度も取ったことがない。有給休暇を取得したものの、勤怠記録では休暇になっているが、実態は職員研修を受けさせられた。

或いは、保育園の業務やイベントに関連する買い出しを頼まれたなど、本来は個人のプライベート時間であるはずの休暇を、業務のために使わざるを得なくなったという場合は、ブラック保育園と考えて良いでしょう。

保育園の職員が常に人数不足で改善されない

保育園に限らず、スタッフの少ない中小企業でも、一時的に職員不足になることはあります。

しかし、職員不足を補うために、人材募集を行ったり、少ないスタッフに見合った業務内容へ改善するなどといったアクションを起こさずに、改善の兆しが一向に見られない場合は要注意です。

悪質なのは、児童福祉法など「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」に違反している場合です。

認可保育園(認可保育所)では、認可が取り消される事案になるので、まず違反することはないと思いますが、その他の施設では実際にそういった事例もあります。

先述した法令によると、保育園や認定こども園だけでなく、児童養護施設、福祉型障害児入所施設、福祉型児童発達支援センター、児童心理治療施設など、それぞれの目的や特徴に合わせて、保育できる定員や居室の広さ(面積)、こどもの年齢別で、保育士1人あたりが対応できる上限人数が決められています。

2022年7月には、沖縄県那覇市の認可外保育園で、0歳の乳児4人を含む4歳までのこども12人が預けられていたにも関わらず、保育士資格を持つ園長と、保育士資格を持たないスタッフの2名だけという、あり得ない環境で受け入れ、結果的に生後3か月の赤ちゃんが亡くなってしまうという悲劇が起こっています。

明らかに保育士の人数が少ないのにも関わらず、法で定められている以上の人数を受け入れている保育園は、ブラック保育園というレベルではなく、完全に法令違反となりますので、事故が起こる前に関係機関へ通報したうえで、すぐに転職するべきです。

給与が低く残業手当も出ない。最低賃金を下回っている

「保育士さんの給与が低い」と一言で言っても、他の仕事と比較して低いのか、それとも都道府県別で定められている最低賃金を下回るほどなのか?によっても第三者の受け取り方は異なってきます。

ブラック保育園と呼ばれるパターンとしては、最低賃金を下回っている場合はもちろん、時間外に残業をしているにも関わらず、無給で対応して当たり前という環境も該当します。

いま一度、自分が勤務している保育園の最低賃金を調べてみましょう。

職場の雰囲気が悪い

一代で立ち上げた保育園の場合、ワンオーナーの色合いが強く、園長や副園長、スタッフに血縁者を雇うなどといった事例は、保育園あるあるです。とくに地方へ行くほど、その傾向は強くなり、不公平感を感じるスタッフが多くなり、結果的に職場の雰囲気が悪くなってしまいます。

また、保育士さんの多くが女性ということもあり、女性同士特有の雰囲気が悪い方向へ作用してしまった場合も、職場の雰囲気を悪くしてしまいがちですね。

その他、先述した仕事量の多さ、給料の低さ、人員不足、休暇取得の難しさなどといった条件も重なって、結果的に職場の雰囲気が悪くなってしまうこともあります。

保育士さんの退職理由で、もっとも多いのが「人間関係」という調査結果もあるほど、勤務意欲に大きな影響を与えるため、事態の改善に努めている園長もいれば、無頓着な管理者もいます。

こういった環境で無理して勤務すると自分自身の体調を崩してしまいかねないため、手遅れにならないうちに転職をおすすめします。

絶対に失敗できない保育士の転職とコツ

先ほど紹介した、「ブラック保育園に共通する特徴」(園長やオーナーの独裁色が強く感じられる保育士としての仕事量が多すぎる有給休暇を適度に取得することができない保育園の職員が常に人数不足で改善されない給与が低く残業手当も出ない。最低賃金を下回っている職場の雰囲気が悪い)に一つでも当てはまっているのであれば、小さい頃からの夢だった保育士の資格を生かした形で、あなたが今よりもっと明るい気持ちで、あなたの個性を生かすことができ、結果的にあなたご自身が輝ける職場へ転職することが、一番の解決策になると思います。

保育士の資格を生かした仕事を自分独りで探すには、広いネットワークと豊富な知見と経験を持った専門家に任せるのが一番効率が良いです。また、時間的な制約などもあるので、なおさらです。

対応エリアの制限はありますが、次に紹介するサービスはすべて無料で利用することができますので検討してみてはいかがでしょうか。

ほいく畑

保育専門の人材コーディネーターがひとりずつ専任で丁寧に対応することで知られており、厚生労働大臣認可で安心して利用できる就業支援サービスです。ちなみに、自治体事業を3期連続で受託しており、公的機関にも信頼されている企業です。

  • 保育士の資格をお持ちで、保育のお仕事を探している方
  • 保育士の資格をお持ちだが、保育のお仕事が初めての方
  • ブランクがあり、いきなり正職員として保育の仕事復帰が不安な方
  • すでに保育士として就業していて転職を考えている方

求人へ応募されるのは、男女比1:9、年齢は、20代・30代・40代が中心となっています。

✅ブランクあり・未経験OKの求人も多数
✅専任のコーディネーターによる安心転職サポート
✅価値観やライフスタイルに合わせて働き方が選べる
✅無料保育士セミナ―などのバックアップ体制が充実
✅厚生労働大臣から認可を受けた就職支援センターだから安心

求人対応エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、静岡県、広島県、山口県、福岡県、佐賀県、山梨県にお住まいの方で、掲載求人の勤務地まで通勤可能な方
求人の年代20代、30代、40代、50代
求人数4,000件以上(公開求人数)
募集求人の職種保育士(認可保育園、認可外保育園)、幼稚園教諭、栄養士・調理士・調理補助、学童保育、園長
利用料金無料
公式サイトhttps://hoikubatake.jp
タイトルとURLをコピーしました