派遣社員の平均時給ってどれくらい?職業別や地域別の相場も調べてみた

派遣社員として働くなかで、あなた自身がもっとも重視しているものは何ですか。

職種、給与の手取り額、自宅から職場までの交通手段や距離、通勤時間、実際の職場の雰囲気、福利厚生など、重視するものは人によって異なってくるでしょう。
その中で、多数の方が最優先にしたいものの一つとして、派遣の時給・言い換えると給料があげられるかと思います。

派遣の仕事を選択決定するうえで、事前に派遣の時給相場を知っておくことはとても大切なことです。
こちらの記事では、派遣社員の時給相場がどのようになっているかを、職種別あるいは地域別に分析して詳細にご紹介していきます。

これから派遣の仕事を決める際に、選択した派遣の仕事が「相場に相応した時給なのか」あるいは「派遣の時給相場より高い」のか「派遣の時給相場より安いのか」を知るために役立てていただければ幸いです。

最初にチェックしておこう!評判の良い派遣会社検索サイト


リクナビ派遣
・日本最大級の求人数を掲載  
・北海道から沖縄まで全国を網羅
・幅広い職種のバリエーション 
・様々な特徴から探すことが可能
\ 登録するメリットたくさん 60秒で完了 /

派遣社員の時給の相場について

日本経済新聞によると、2022年6月15日に発表された2022年5月の派遣社員の募集時平均時給は、三大都市圏(関東・東海・関西)で、前年同月比2円(0.1%)高い1,596円という結果が出ました。
新型コロナウイルス感染対策の行動制限がなくなったことで、企業の採用意欲が回復したことが主な要因になったようです。
職種別では、事務系を中心に案件が増えました。
平均時給の伸びは少なく見えますが、相対的に時給の低い介護系の求人数が増えたことが影響しており、派遣時給は4カ月連続、全7職種で前年同月を上回っています。

三大都市圏における派遣社員の時給平均相場は、およそ1,600円

もちろん職種や地域といった諸条件によって、大小の差ができてしまいます。
全体的にみて、やはり首都圏の方が高給である傾向にあり、職種では「専門知識」や「専門技術」を問われるような仕事の方が、派遣社員の時給を高く設定されている求人が多くなります。

派遣で働く際には、時給1,600円という数字が一つの基準になることを覚えておきましょう。

職業別で派遣の時給相場を見てみよう

派遣社員の平均時給 関東地方

職種派遣の平均時給
オフィスワーク・事務職1,627円
営業・販売・サービス1,593円
IT・エンジニア・技術・建築2,223円
クリエイティブ1,884円
医療・介護・福祉・教育1,593円
その他(製造・物流・軽作業など)1,401円

まずは関東地方に限定して、職種を大分類で分けて見てみましょう。全体的に高水準を維持していますが、特にスキルの高い分野ほど高い時給であることが分かりますね。

※北海道から沖縄まで日本全国8万5千件以上の派遣求人を網羅するリクナビ派遣の平均時給データより

派遣社員の平均時給 関西地方

職種派遣の平均時給
オフィスワーク・事務職1,409円
営業・販売・サービス1,408円
IT・エンジニア・技術・建築1,915円
クリエイティブ1,552円
医療・介護・福祉・教育1,387円
その他(製造・物流・軽作業など)1,326円

続いて関西地方に限定して、職種を大分類で分けて見てみましょう。全体の傾向としては関東地方と同じですが、同じジャンルでも派遣の平均時給が200円ほど下がってしまうことが分かります。

となると、関東と同じ水準でお金を残そうとするならば、特に一人暮らしなどの場合は、関東に比べて少し家賃の安い物件に住むなど、毎月固定の額が大きな出費を抑えることで、同水準をキープすることができるということになりますね。

あるいはコロナ禍のおかげで普及した、在宅ワークで首都圏の企業を探すというのも賢いかも知れませんね。

在宅ワークに限定して、関東地方で派遣求人募集を行っている企業の一覧はコチラ
※在宅ワークのメリットとデメリットについて。
メリットとしては、好きな時間に仕事ができることや、好きな場所で仕事ができること。デメリットとしては、ちょっとしたことを聞けないことや、逆にコミュニケーションが煩わしく感じることがある。

派遣の時給を上げる方法

時給を上げる方法をお教えします。 まず、派遣スタッフ同士、仲の良い職場を作りましょう。 派遣スタッフ同士、協力し合うことで、派遣先の企業からも評価されます。 そして、派遣先でトラブルを起こさないことも大切です。 以上の3点を徹底するだけで、時給を上げることができます。ぜひ実践してみてくださいね。

派遣スタッフとアルバイトの時給比較

給与面・福利厚生で比較すると、アルバイトより派遣社員のほうが非常に良いと言えます。
ここからどういう違いがあるのかご紹介していきます。

アルバイトと派遣の方が高時給

一般的に派遣スタッフの方がアルバイトの時給よりも400円高いです。
これはフルタイム1か月の給料に換算すると約6万円の差になります。

福利厚生の厚さ

派遣スタッフの方がアルバイトよりも福利厚生が厚いです。
社会保険・雇用保険が完備されていて、そこに健康診断が受診できたり、フィットネスクラブ・旅行割引・優待が受けることが可能です。
アルバイトだと福利厚生がないケースもあります。

日本最大級の派遣求人を掲載

タイトルとURLをコピーしました