30代が未経験でエンジニア転職を最短3か月で成功させる方法

この記事では、30代で未経験からIT業界、エンジニアへの転職を成功させる方法を詳しくご紹介しています。異業種から未経験でキャリアチェンジを目指す方の参考資料となれば幸いです。

「未経験からITエンジニアを目指したいけれど、年齢的にもう間に合わないのでは」という悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

ITエンジニアに限らず、20代と比べると30代で異業種へ転職をするのは、少しハードルが高いというのがどの業界でも実情としてあります。

しかし、転職のポイントを抑えておけば、30代、未経験からでも、ITエンジニアを含むIT業界への転身を目指すことは決して不可能ではありません。

この記事では、30代で未経験からIT業界、エンジニアへの転職を成功させる方法を詳しくご紹介しています。異業種から未経験でキャリアチェンジを目指す方の参考資料となれば幸いです。

ITエンジニア転職サポートでは、未経験からエンジニアを目指す求職者へ手厚いサポートをおこなっており、手厚いサポート体制も整っています。
ご興味がある場合は、エントリーして担当者よりお話を聞くだけでも今後のやるべきことが明確化されますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

30代未経験からエンジニアに転職に挑戦する上で知っておきたいこと

30代未経験からエンジニアに転職に挑戦する上で知っておきたいこと

30代未経験からエンジニアに転職に挑戦する上で知っておきたいこと

30代から未経験でエンジニアに転職をするのに、遅すぎるということはありません。

ですが、20代と30代がおこなう転職の違いを知ることは、転職をスムーズに進めるためにも必要な前準備です。

30代未経験者のITエンジニア転職に挑戦する場合、いくつか抑えておくべきポイントをご紹介します。

20代と比べてハードルは高い

20代と比べてハードルは高い

20代と比べてハードルは高い

IT業界に限った話ではありませんが、30代になると20代の時に比べ、周りから求められる基準も高くなります。

スタートが出遅れた分、その期待と実力のギャップを埋めるために努力することが必要です。

また、転職採用されたばかりであっても、周りに20代の若手社員がいれば彼らのサポートをする場面もあるでしょう。

新人でありながら先輩としての役割を担う機会も多くなるため、より仕事に対する責任感を強く感じるかもしれません

キャリアアップにつながりやすい

キャリアアップにつながりやすい

キャリアアップにつながりやすい

30代未経験からのエンジニア転職は決して簡単なものではりませんが、その一方で転職するメリットも大きいです。

特に、IT業界は今も拡大を続けている市場で、ITエンジアはその最前線にいる職種といえます。

成長性の高い業界に飛び込むことで周囲の環境が変わり、仕事への意欲やパフォーマンスの向上が期待できます。

また、ITエンジニアの給料は一般的な会社員に比べて高い傾向にあり、自身の努力次第ではキャリアアップや高収入が狙えるかもしれません。

未経験から30代でエンジニア転職を成功させるポイント

30代未経験からのエンジニア転職を成功させるためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

前職でのキャリアを活かす

前職でのキャリアを活かす

前職でのキャリアを活かす

前職でマネジメントや営業の経験がある人は、エンジニアに転職後もこれらのスキルを大いに活かすことができます。

エンジニアと聞くと、「PCに向かって黙々と作業をこなす」とイメージがあるかもしれませんが、実際はチームワークや仲間とのコミュニケーションが必要不可欠な仕事です。

また、開発過程において顧客の要望を丁寧にヒアリングしそれを再現することが求められます。
そのため、営業職のように直接顧客と交渉を重ねてきた人は、エンジニアとしても重要な戦力になれるといえます。

年齢に合わせた転職活動をおこなう

年齢に合わせた転職活動をおこなう

年齢に合わせた転職活動をおこなう

冒頭でも触れたように、30代の転職では20代よりももう一段階上のスキルを求められやすいです。

言い換えれば、これまで自分が培った実力や実績が転職において大きな武器になるということです。

前職を経て自分が積んできた経験や実績を振り返り、自身の強みを明確にしてみましょう。

これまでにマネジメント職やチームリーダー経験のある方は、将来の貢献度を見越して採用する企業も多いため、積極的にそれらの要素をアピールすることをおすすめします。

スキルやキャリアを可視化する

スキルやキャリアを可視化する

スキルやキャリアを可視化する

未経験業界への転職において、資格や数値化された実績などを示すことで、自身の能力や成長意欲をより強く企業にアピールすることができます。

ITエンジニアに関する資格はもちろん、語学系の資格も外資系企業と取引において役に立つため有効です。

また、個人的にプログラミングを学んだことがある人は、自身で作ったサービスやWebツールなどをポートフォリオに載せることで、企業にスキルを証明することもできます。

ポートフォリオに掲載した作品について、面接時に作成の意図や過程も説明できるように準備しておきましょう。

転職しやすいタイミングを狙う

転職しやすいタイミングを狙う

転職しやすいタイミングを狙う

他業界含め、日本で転職するのに適したタイミングは一般的に「2~3月」「9~10月」であるといわれています。

理由としては、これらの時期は年度末と上半期末にあたるため、退職者の枠を埋めるために他の月よりも比較的求人数が多くなることがあります。

しかし、30代未経験者でITエンジニアを目指す場合はできるだけ早く転職活動に乗り出すことをおすすめします。

20代と違って、30代という年齢的なリミットがあることから、企業は少しでも長く働ける方を採りたいと考えるかもしれません。

また、未経験であれば早くから経験を積んでおくことが大切になります。

未経験でエンジニア転職する時に活用したいサービス

転職エージェント

転職エージェント

転職エージェント

求人情報を自分で調べて転職することも良いでしょう。

しかしながら、未経験で異業種へ転職する場合は、転職エージェントを利用して自分にあった求人を紹介してもらうといった方法のほうが有効です。

転職エージェントを利用することで、業界の転職市場に関する情報や転職先候補となる企業の具体的な情報を教えてもらうことができるので、より短時間で、より効率よく自分にあった転職先を見つけることができます。

転職エージェントを選ぶときは、業界や希望の職種に力を入れているエージェントを利用するのがおすすめです。

30代で未経験からITエンジニアなど異業種への転職を得意としている転職エージェント3選

以下では、30代・未経験から、ITエンジニアなど異業種への転職を得意としている転職エージェントの有名どころを3つご紹介します。それぞれ特徴があるので、転職意欲がある、転職したいと強く考えている方は3社ともに登録をおすすめします。

マイナビエージェント マイナビエージェントは、関東・関西・東海エリアの求人を網羅しており、ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富。
20〜30代の転職サポートに強く、人事・採用担当との太いパイプも強みです。応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートを受けられると利用者の口コミ評判も上々です。


リクルートエージェントは面談を行う中で、あなた自身がまだ気付いていない強味を見つけるのを得意としています。
そして、非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。
また、企業へアピールできる職務経歴書や面接に関するアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも転職先企業にあなたの強みをアピールしてくれます。


マイナビクリエイター

Web・ゲーム業界への転職はマイナビクリエイターと言われるほど、異業種からの転職エージェントで有名です。
ITエンジニアの中でも人気の高いWeb業界、ゲーム業界は花形で、販売職・営業職・事務職から転職される方もかなり多くいらっしゃいますし、専門性、マッチング、利用者のクチコミ満足度でも高評価を得ています。

プログラミング教室でスキルを習得してからエンジニアへ転職

プログラミング教室でスキルを習得してからエンジニアへ転職

プログラミング教室でスキルを習得してからエンジニアへ転職

未経験の方であっても、現在の仕事と並行しながらプログラミングの勉強をしておくことで転職活動をより有利に進めることができます。

短期間で集中して勉強したい場合、プログラミングスクールに通うことも検討してみましょう。
独学だとモチベーションが続かず、途中で投げ出してしまったという経験がある人は少なくないと思います。

スクールに通えば、わからない点があっても担当のメンターにいつでも相談可能ですし、共に頑張るクラスの仲間がいることで互いに励まし合いながら勉強することができます。

近くにスクールがないという方でも、オンライン受講できるプログラミングスクールも多く開講されているため、選択肢として考えておくとよいでしょう。

最短1ヶ月で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
どこかに通う必要がなく、自宅でもプログラミングやデザインなどのスキルを学ぶことができます。

また、現職で働きながらITエンジニアとして必要なスキルを学び、未経験からITエンジニアへの転職保証付きといったプログラミングスクールと転職エージェントを兼ねたサービスを展開している企業もあります。

とくに、短期集中コースでは最短3ヶ月でITエンジニアへ転職を目指すことができます。受講料は少々かかりますが、ITエンジニアとして転職できれば1か月~2ヶ月で充分に回収できる金額ですので、将来の自分自身への投資として決められる方は多いようです。転職保証付きというパワーワードに惹かれる方も多いようで、実際に実績を出している企業でもあります。

DMM WEBCAMP

短期集中コースの「転職成功率は98%」と、未経験からITエンジニアへの転職を確実に進めたいと考えている方に強くおすすめしたいコースです。

エンジニアでなくIT業界に転職したい30代はココ一択

エンジニアでなくIT業界に転職したい30代はココ一択

とにかくIT業界に転職したい30代はココ一択

IT業界といっても、働いている方の職種はエンジニアだけではありません。

案件を獲得してくるためには、営業が必要ですし、規模によりますが総務や経理、法務部門といった一般事務職から専門事務職に携わってくれるスタッフも必要です。

つまり、IT業界への転職とひとことで言っても、必ずしもプログラミングや専門知識が必要とは限らないのです。

マイナビクリエイター

例えばマイナビクリエイターでは、IT業界やゲーム業界の求人が多く掲載されていますが、検索キーワードに「職種未経験歓迎」と「30代活躍の職場」を選択して検索してみると、30代未経験でも多くの求人が出てきます。

マイナビクリエイター公式

まとめ

30代未経験でも、転職のコツを抑えれば、ここまで紹介した方法で、ITエンジニアを目指すことは十分可能です。ITエンジニア転職に成功して理想のキャリアを目指しましょう。

20代で積んだ経験を活かしてたり、エンジニアに関する資格やスキルを取得したりして、IT業界でも活躍できる人材であることを企業に積極的にアピールしていきましょう。

また、未経験での転職時は転職エージェントの利用がもっともおすすめできる方法です。
業界に関する情報や、転職先候補となる企業の情報を詳しく知ることができたり、転職活動を有利に進めることができる手厚いサポートを受けられたり、転職を成功させる可能性がグンと高まります

つまり、「30代未経験からエンジニアへの転職は可能?」という問いには、30代未経験でも、IT関連の知識やスキルがあれば転職は十分可能だそう。30代になると、即戦力としてのスキルが求められることが多いので、プログラミングを先に習得しておくことが無難と言えそうです。

関連記事

未経験からITエンジニアに転職するなら知っておきたい3つの基礎知識とその理由。ここだけのおすすめ勉強方法も公開【2022年版】

タイトルとURLをコピーしました