Amazon楽天のアフィリエイトリンク両方できる簡単方法4選!ヤフーショッピングや7ネットも追加できるやり方も解説!

Amazon楽天のアフィリエイトリンク両方できる簡単方法4選!ヤフーショッピングや7ネットも追加できるやり方も解説!アフィリエイト
Amazon楽天のアフィリエイトリンク両方できる簡単方法4選!ヤフーショッピングや7ネットも追加できるやり方も解説!
この記事は約10分で読めます。
こんな方におすすめ
  • 楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonの商品を紹介してアフィリエイト収入を得たい
  • 楽天、Amazonアフィリエイトリンクを同時に掲載する方法や、やり方が知りたい
  • Amazonアソシエイトの審査に何度申請しても通らない方も対応できる方法あり
すみっこワーク管理人
すみっこワーク管理人

このページでは、上記のような課題に直面している方、Amazonアソシエイトの審査に通らなくて困っている方の課題を解決できる内容となっています。
商品紹介系のアフィリエイトは、早めに成果が出やすいということもあって、モチベーションが上がりやすいし、初心者アフィリエイターにとってもハードルが低いので、おすすめです。

  1. Amazon、楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクを同時に紹介したいのなら「もしもアフィリエイト」が一番おすすめ!その理由も解説します!
    1. Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクボタンを同時に作るためには「もしもアフィリエイト」が一番おすすめである6つの理由
    2. 【手順書】もしもアフィリエイト「かんたんリンク」の使い方
      1. もしもアフィリエイト「かんたんリンク」のマニュアル
      2. 楽天、Yahoo!ショッピングで同時にアフィリエイトリンクを作った例
    3. もしもアフィリエイト「かんたんリンク」のデメリット
  2. Amazon、楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクを同時に紹介できる「バリューコマース」
    1. Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクボタンを同時に作れる「MyLinkBox」の特徴
      1. 楽天、Yahoo!ショッピング、Amazon、セブンネット、ロハコで同時にアフィリエイトリンクを作った例
      2. バリューコマース「MyLinkBox」のデメリット
  3. Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを同時に作れる機能「カエレバ」
    1. カエレバのデメリット
  4. Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを同時に作れるツール「Rinker(リンカー)」
    1. Rinker(リンカー)のデメリット
  5. まとめ

Amazon、楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクを同時に紹介したいのなら「もしもアフィリエイト」が一番おすすめ!その理由も解説します!

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングに掲載されている商品のアフィリエイトリンクを同時に掲載するなら、もしもアフィリエイトが一番おすすめです。

「もしもアフィリエイト」をおすすめする理由も、下記で解説を読めば納得できると思います。
 

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクボタンを同時に作るためには「もしもアフィリエイト」が一番おすすめである6つの理由

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクボタンを同時に作るためには「もしもアフィリエイト」が一番おすすめである6つの理由
Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクボタンを同時に作るためには「もしもアフィリエイト」が一番おすすめである6つの理由
  1. Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの3つを扱うASP
  2. Yahoo!ショッピングについては、即時提携できる
  3. 大手ASPのツールなので、動作リスクがない
  4. 大手ASPなので、プログラム提携が切れることなく安心
  5. アフィリエイトリンクボタンに広告が入らない
  6. もしもアフィリエイトのW報酬制度で、報酬に12%のボーナス報酬が乗る
    ※一部、除外プログラムあり
もしもアフィリエイト 公式サイト

【手順書】もしもアフィリエイト「かんたんリンク」の使い方

もしもアフィリエイトで、Amazon、楽天、ヤフーショッピングへのアフィリエイトリンクを同時に作る方法を下記に説明します。

もしもアフィリエイト「かんたんリンク」のマニュアル

  1. ASPへの登録
    もしもアフィリエイト」リンク先へ飛び、会員登録をします
     
  2. もしもアフィリエイトの会員登録が終わったら、次へ進みます
     
  3. プログラムの連携
    Amazon、楽天、ヤフーショッピングそれぞれのプログラムを検索して提携
    ※Yahoo!ショッピングは審査なしで即時提携
    ※楽天、Amazonは審査があるため、提携されるまで日数が必要
     
  4. 希望するプログラムが提携済みになったら次へ進みます
     
  5. もしもアフィリエイト管理画面中央上部にある「楽天市場・Amazon.co.jpかんたんリンク」ボタンをクリック
     
  6. 中央の検索窓に、Amazon楽天ヤフーショッピングで販売したい商品名か、キーワードを入力して検索。検索結果の中より、サイトに掲載したい商品の画像をクリック
     
  7. プレビュー内に、商品画像と「楽天市場で見る」「Yahoo!ショッピングで見る」「Amazonで見る」ボタンができていることを確認
     
  8. HTMLソース(メディア掲載用)枠内に生成されたHTMLソースをコピーして、自分のWordpress記事で貼り付けたい場所へ挿入して完成です

楽天、Yahoo!ショッピングで同時にアフィリエイトリンクを作った例

もしもアフィリエイト「かんたんリンク」のデメリット

  1. もしもアフィリエイトにログインしないとタグを作れない
  2. ボタンの色が1色
    → ECモールごとに色分けされるように改善されました
  3. カスタムは基本不可(アフィリエイトタグの改造は規約に抵触します)

もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」のデメリットは、この程度なので、ほとんどの方はデメリットとは感じず、先に紹介したメリットのほうが大きく上回ると思います。

商品をどんどん紹介して、月5万円の副収入を稼ぐお手伝いになれば嬉しいです。

\ 登録はかんたん もしもアフィリエイト /

Amazon、楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクを同時に紹介できる「バリューコマース」

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングに掲載されている商品のアフィリエイトリンクを同時に掲載するなら、バリューコマースも使いやすいです。

もしもアフィリエイトとの違いは僅かです。

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクボタンを同時に作れる「MyLinkBox」の特徴

  1. Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングの3つを同時に扱えるASP
  2. Yahoo!ショッピングについては、即時提携できる
  3. 大手ASPのツールなので、動作リスクがない
  4. 大手ASPなので、プログラム提携が切れることなく安心
  5. アフィリエイトリンクボタンに広告が入らない

楽天、Yahoo!ショッピング、Amazon、セブンネット、ロハコで同時にアフィリエイトリンクを作った例

私の別ブログで作っている、Amazon、楽天、ヤフー、セブンネット、ロハコのアフィリエイトリンクを同時に作っている例です。

Amazon、楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクを同時に紹介できる「バリューコマース」
Amazon、楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトリンクを同時に紹介できる「バリューコマース」

バリューコマース「MyLinkBox」のデメリット

  1. ValueCommerceの仕様で、アフィリエイトリンク作成から新規表示までにタイムラグがある
  2. もしもアフィリエイトのようなW報酬制度はない

これらのデメリットが気にならない方であれば、バリューコマースのMyLinkBox機能で、Amazon、楽天、ヤフーのアフィリエイトリンクボタンを同時に作成して活用して良いかなと思います。

ちなみに、販売以外のMyLinkBox機能も秀逸で、例えば旅行ブログなどでは、一休で探す、楽天トラベルで探す、じゃらんで探すといったような使い方もできるため、ショッピングモールだけでなく、旅行、電子書籍、グルメ、家電、VOD、アルバイト、エンタメ、ふるさと納税と幅広いカテゴリーに対応していることから、アフィリエイターの切り口次第では色々な可能性を秘めているツールであることを付け加えておきます。

\ アフィリエイトASPの老舗 ValueCommerce /

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを同時に作れる機能「カエレバ」

Amazon、楽天を同時にアフィリエイトリンクさせるツール作成の草分け的存在「かん吉」さんが作られたツールです。

今でも多くのアフィリエイターに愛用されていて、ASPではなく、楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトとそれぞれ個別に提携してアフィリエイトサイトを運営されている方にとって神的なツールの一つです。

カエレバの表示例
カエレバを使った表示例 カエレバ公式サイトより引用

カエレバのデメリット

  • 楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトと、それぞれ個別に提携する必要がある
  • Yahoo!ショッピングのアフィリエイトは、個別で提携できず、ASPへ登録しなければならない
  • リンクボタンに「カエレバ」の広告が強制的に入る

このようなデメリットもあることや、Yahoo!ショッピングのアフィリエイトをするには、結局ASP(もしもアフィリエイトバリューコマースの二択しかない)に登録することになるので、それであれば申し込んだASPから再び外部のツールへ連携させるよりも、そのままASPでアフィリエイトリンクを作ったほうが遥かに効率が良いでしょう。

ちなみにヤフーショッピングは、ソフトバンクユーザーにPayPayボーナスが毎月支給されたり、Tポイントとの連携もあり、利用ユーザーとしてはあなどれない数字を叩き出してくれるので、商品紹介アフィリエイトをするのであれば、無視できない存在となっています。

Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングのアフィリエイトリンクを同時に作れるツール「Rinker(リンカー)」

先ほどご紹介した「カエレバ」同様に、各ECモールへのアフィリエイトリンクを作ることができるツールです。

WordPress専用となっているので、まだブログをお持ちでない方は月額290円から使える超高速レンタルサーバーのように少額で使えるサーバーもあるので、Wordpressをインストールしてからお使いになられたらと思います。

Rinker(リンカー)のデメリット

Rinker(リンカー)のデメリットは、カエレバで説明した内容とまったく同じです。
一点だけ異なるのは、無償ツールではあるものの、やはりバージョンアップは欠かせないので、それらを支援するための有償支援システムがあり、それらに参加すると広告をなくすようにできたり、リンカー公式サイトから被リンクをもらえたりします。
考えようによってはアフィリエイトサイトにとって有意義な内容ですので、一考の価値ありかも知れませんね。

まとめ

最初に結論付けた通り、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングへのアフィリエイトリンクを同時に作るのに便利なのは、「もしもアフィリエイト」か「バリューコマース」になります。

商品紹介アフィリエイトに便利であることと、他ツールを使うにしても結局はASPへの登録が必要になることも理由に挙げられます。

また、アフィリエイトサイトを運営していくうちに、サイドオーダー的な紹介、例えば食品紹介サイトだったら、それらに関連して食材の宅配サービスや飲食店の紹介といったように、当初に考えていたカテゴリーから派生することは多々あるうえに、実はサイドカテゴリーと思っていた側が主役を追い越して思いのほかアフィリエイトサイトの報酬が入ってくることも、あるあるパターンですので、この機会に本ページをブックマークしていただき、各種ASPへの登録もおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました