働きながら転職は無理?転職活動の進め方と3つの注意点について解説

働きながら転職は無理?転職活動の進め方と3つの注意点について解説

働きながら転職は無理?転職活動の進め方と

3つの注意点について解説

働きながら転職は無理?転職活動の進め方と3つの注意点について解説

このページを読むことで解決できること
  • 働きながら転職は無理?と思ってる方の解決方法
  • 仕事しながら転職活動をする一番効率的な方法
  • 働きながら転職活動をする場合おすすめの方法を知りたい
  • 先に退職してから転職活動した場合のメリットとデメリット
  • 誰に相談すれば良いか悩んでいる方へのアドバイス

働きながら転職を考え始めた時、何から手をつければ良いのか分からないですよね。

履歴書と職務経歴書ぐらいなら、家に帰ってからパソコンで作ることもできるけれど、実際の転職活動はとりあえずハローワークで検索すれば良いのか、はたまたググって出てきた求人サイトで探せば良いのか、書類選考も通過した場合は、有給休暇をとって面接に行けば良いのか、そんな一連の行動が怪しまれ、転職活動が会社にバレないか、、、など悩みは尽きませんよね。

以下では、働きながら転職活動をする方法について、順を追って説明していきますので、ぜひブックマークしてステージごとに読み返してもらえれば、仕事をしながらでもスムーズな転職活動をすることができるでしょう。

働きながら転職活動は無理だと感じる理由

「働きながら」とはいっても、常に外回りをしている営業職から、一日中オフィスワークで他人の目にさらされている環境や、接客で色々な人と触れ合うサービス業まで様々なお仕事がありますよね。
自由に外回りをしているようなお仕事だと、スキマ時間に面接へ行ったりすることも可能かも知れませんが、バレないかヒヤヒヤしますよね。
また、それ以前に本来のお仕事が忙しかったり、なんならサービス残業する勢いの職業も多いと思われます。
働きながら転職をした方の、実際の声を聞いてみましょう。

働きながら転職した方の声

なぜ働きながらの転職が辛いのか?

働きながら転職は無理」と感じてしまう理由は、大きく分けて4つあります。

忙しくて転職活動に時間を取れない

忙しくて転職活動に時間を取れない」。働きながら転職活動をするのがツラい理由でもっとも多いのは、「時間」ですね。起床して身支度をして出勤。仕事を終えて帰宅してご飯にお風呂、洗濯、明日の準備となれば、寝るまでのわずかな時間しかありません。

体力的にキツイ

体力的にキツイ」。本業で体力・気力を使い切ったあとに、仕事探しや転職の手順から退職方法を調べるのは、とても疲れます。場合によっては、転職したいと思っていた最初の頃の勢いが、だんだんと衰えてきて無気力になってしまう方も相当数いらっしゃるようです。

スケジュール調整が難しい

スケジュール調整が難しい」。書類選考も通り、いよいよ面接に行くことになっても、平日の面接となれば仕事を休まなければなりません。面接に落ちるたびに、何度も有給休暇を申請するのも、職場によっては難しいですよね。

転職活動がバレないようにするため同僚や上司の目が気になってしまう

転職活動がバレないようにするため同僚や上司の目が気になってしまう」。働きながら転職は無理と諦めてしまう、意外な理由に「周囲の目が気になる」という意見も多いです。会社のパソコンで求人検索をするのはご法度ですが、コソコソとスマホを触っていたり、心ここにあらず的な態度になって、バレてしまわないか心配ですよね。

働きながらの転職活動をするメリット

働きながら転職は無理と思いがちですが、それでも「働きながらの転職活動をおすすめする理由」を以下に説明したいと思います。

ブランクが発生しない

働きながら転職活動をする最大のメリットは、「ブランクが発生しないこと」。前職と次の仕事の間に無職のブランク期間が発生すると、税金から健康保険、国民保険は100%自己負担になり、これが意外と高額負担になるうえに、切り替え手続きで窓口へ行ったり、手続きのやり直しなど金銭面だけでなくデメリットが多いので、ブランク期間を作ることはおすすめしません。
また、ブランク期間の長さによっては、面接時に質問されることが多いので、あらかじめ回答を作っておかなければならない手間も増えるので、転職でブランク期間を作るのはおすすめしません。

幅広い転職先を検討できる

退職してから転職活動を始めると、早く決めたい気持ちが徐々に大きくなってきて、ほとんどの方が焦りを感じたという調査結果があります。そうなると、在職中に考えていた理想の転職条件とは、ほど遠い求人情報に飛びついてしまい、ふたたび転職をするハメになりますので、そういった意味でも働きながら転職活動をしておいたほうが、幅広い転職先を検討できる結果となります。

転職後の待遇など交渉で有利な立場を守れる

離職後、または無職中の転職活動、就職活動は早く決めたいという焦りと、なぜ無職中なのかとい面接側の勘ぐりもあって、転職者としては不利な条件がゴロゴロと転がっています。しかし、在職中の転職活動は、万が一決まらなくても給料はずっと入ってきます。裏を返せば、採用企業に対しても心理的に有利に働きます。

働きながら転職活動をしたほうが、メリットは多いことが分かりましたね。では、働きながら転職を成功させるコツについて整理してみましょう。

30代が未経験でエンジニア転職を最短3か月で成功させる方法

働きながら転職を成功させるコツとは?

退職日を決める

正社員であれば、原則として退職を申し出た日から14日を経過したのちに退職することができます。これは「民法第627条第1項」に定められているので、会社の就業規則で一か月前や二カ月前と記載されていても法律が上回るため、約2週間後に退職することができます。言いかえれば前もって総務にお願いして会社の就業規則を調べる必要はないということです。
とはいっても、いきなり辞められると心証が良くないでしょうから、退職日をおよそ一か月後に設定する方がほとんどです。
転職活動において、現在の仕事をいつ頃辞められる(逆の立場からすると、いつから出社可能か)のかを調べておくことは非常に重要なので、まずは退職日を決めましょう。

引き継ぎの準備をしておく

仕事によって違いますが、代行者が常にいる職場であれば特別に業務の引継ぎ準備は不要だと思います。しかし中小企業などは、1担当者1業務という場合も珍しくありませんので、ガッツリと引継ぎ業務が発生することがあります。
自分の負担を減らすため、普段の仕事中に自分だけが知り得る業務をマニュアル化しておくと良いですね。月間の業務の流れと、先ほどのマニュアルを併用して引き継ぎマニュアルとしてしまえば、いざというときスムーズに事が運びます。
普段の仕事をマニュアル化しておきましょう。

面接や転職活動に使うための時間を作る

次に、面接や転職活動に使うための時間を作りましょう。例えば外食していた時間をテイクアウトに切り替えて家で食べる。ワイシャツのアイロンがけを辞めてクリーニングにする、または形状記憶シャツに変えるなど、細かいところから自分を変えていきましょう。
面接については、在職中ということを伝えておけば18時以降や19時以降など平日の遅い時間に面接をしてもらえる場合がありますが、有給休暇を使って平日の面接が一般的なので、自分が取得できる有給休暇の残日数は確実にチェックしておきましょう。

転職エージェントを活用する

働きながら転職活動を効率的に進める、限られた時間を有効活用するのであれば、「転職エージェント」一択です。転職に関するプロ(エージェント)が、あなたの転職に関する希望条件を伺って、実際に転職したい時期や転職後の給与、さらにWLB(ワークライフバランス)なども転職後の満足度につながるので質問があるかも知れません。
もちろん、利用料や手数料などは一切かかりません。転職が決まれば採用企業から転職エージェント側に人材紹介に対する報酬が支払われますので、転職者は無料で利用できる仕組みです。
もし、親友や知り合いから相談されても、転職エージェントをおすすめします。

リクルートエージェント


リクルートエージェント

転職エージェントの中で、多くの職業カテゴリーを網羅している点や、実績豊富なリクルートグループなので信頼性の高い企業ということもあって、安心して利用することができます。
担当についてエージェントが、あなた自身も気付いていない強みを見つけてくれたり、職務経歴書や面接のアドバイスも行ってくれます。また、利用者だけが恩恵を受けることができる最大のメリットは、非公開求人です。

ウズキャリIT


未経験からITエンジニアを目指せる「ウズキャリIT」

未経験からITエンジニアを目指した転職・就職なら「ウズキャリIT」一択ですね。ただし未経験から育てていただけるIT企業への入社となるので、29歳までという年齢制限があります。ノルマのある営業や販売に疲れたというかたや、場所を選ばず仕事ができるITエンジニアになりたいけど、専門学校も行ってないし、スキルも知識もないという方におすすめです。

まとめ

働きながら転職は無理?いや、転職エージェントを使えば、大変な労力のいることでもスムーズに進むことが分かりましたよね。働きながらの転職は、きついかも知れませんが、こんな時ぐらい一人で抱え込んで悩まずに、たまには他力本願な部分があっても良いと思います。退職してから活動を始めるよりも、働きながらの転職は早めに動き始め、決して自己流ではやらずに転職エージェントにサポート支援をすることが、転職活動を働きながら成功させるポイントであり。働きながら転職を成功させるコツです。

Q&A

Q:働きながら転職は無理?
A:第三者の助けを借りることができれば、働きながら転職することは可能です。本項で紹介する完全無料のサービスを利用することで効率良く転職活動を成功させることができます。

Q:働きながら転職活動を行うメリットは?
A:働きながら転職活動をする最大のメリットは、「ブランクが発生しないこと」です。
前職と次の仕事の間に無職の期間が発生すると、税金や健康保険、国民保険は100%自己負担になり、高額負担となってしまうことで予期せぬ出費を招くリスクがあるからです。

Q:働きながら転職活動をおすすめする理由は?
A:在職中の転職活動は、万が一決まらなくても給料はずっと入ってきます。裏を返せば、採用企業に対しても心理的に有利に働きます。

タイトルとURLをコピーしました