リクルートエージェント

転職
この記事は約4分で読めます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントとは

「転職は本音から」。
「自分でもどんな仕事が合っているのか分からない」それも本音です。
「給料が気になる」これも転職の本音です。

公開求人121,604件 / 非公開求人184,769件。※1
リクルートエージェントが、転職支援実績No.1である理由は、その規模感を生かした求人数にあります。求人数という母数が多ければ多いほど、自分にマッチする仕事に出会う可能性もおのずと比例して上昇します。
リクルートエージェントが、転職支援実績と顧客満足度においてNo.1と言われる所以なのかも知れませんね。
※1  2021年7月29日現在

リクナビNEXTとの違い

同じリクルート・グループですが、リクナビNEXTとリクルートエージェントは違います。
リクナビNEXTは、転職サイト。リクルートエージェントは、転職エージェントとなります。

転職エージェントでは、まず仕事選びの段階から情報提供が始まり、応募書類の添削や面接のアドバイス、面接の日程調整や企業との条件交渉など、求職者に伴走してアドバイスを行い、転職に必要な手続きを代行します。

それぞれの特徴を知って上手に取り入れることで、さらに効率的な転職活動ができると思いますので、自分に合ったやり方で進めていけば良いと思います。
ちなみに私は転職に貪欲で、人一倍多くの情報が欲しいと考えていましたので両方とも登録していました w

転職エージェント利用に向いてる人

キャリアの相談をしたい方

転職エージェントは、求人の紹介や転職活動のサポートをするだけではありません。「今後の方向性が決まっていない」「別の仕事に就きたいが、向いている仕事が分からない」など、キャリアの方向性に迷っている方には、経験や希望を整理し、「志向」や「適職」を明確にするサポートを行っています。
また、長期的なキャリアプランの相談には、採用動向や経験・スキルを考慮して、プロの視点でキャリアプランを提案しています。

効率的に転職活動をしたい方

あらかじめ転職先の企業に求める条件や希望を聞いてから求人を紹介しているため、「膨大な求人情報の中から自分に合った企業を探す」という手間が省けます。
また、面接日程や入社日の調整も転職エージェントが代行するため、選考が進むと複雑になりがちなスケジュール調整もスムーズに行うことが可能に。

選考通過率を上げたい方

履歴書や職務経歴書の上手なまとめ方や修正したほうが良い点など、応募書類の添削が受けられる点も転職エージェントを利用するメリット。応募書類の添削だけでなく、採用の背景や企業側の意向を意識した面接のアドバイスも行っているので、選考の通過率は高まるでしょう。

全体の約90%が非公開求人

リクルートエージェント
キャリアの相談をしたい方・効率的に転職活動したい方・選考の通過率を上げたい方

求人件数・募集年齢・募集地域・求人職種など

求人件数公開求人121,604件 / 非公開求人184,769件。
求人対象年齢20代 30代 40代 50代
募集地域47都道府県
北海道,青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,福井県,山梨県,長野県,岐阜県,静岡県,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県
 
職種営業・販売・カスタマーサービス
企画・マーケティング・経営
管理・事務
物流・購買・貿易・店舗開発
コンサルタント
金融専門職
不動産専門職
クリエイティブ
SE・ITエンジニア
エンジニア(設計・生産技術・品質管理)
建築・土木・設備
医療・医薬・化粧品
その他(講師・調理師・介護など)
登録料無料
※1 2021年7月29日現在

まとめ

「リクルートエージェント」を利用するメリット

社会人になって異業種の方と仕事をしていると必ず出会うリクルート・グループ。
リクルートエージェントもグループ企業の一つで、その規模感は中小企業が太刀打ちできるようなものではないほどです。
大は小を兼ねるではありませんが、求人件数が格段に多く、業種も様々な分野を選択することができるので、まずは登録して自分の本音を伝えると良いでしょう。ここで誤った情報を与えないようにするのが転職エージェントを最大限に利用するコツとも言えるでしょう。

全体の約90%が非公開求人

リクルートエージェント
キャリアの相談をしたい方・効率的に転職活動したい方・選考の通過率を上げたい方
タイトルとURLをコピーしました