WordPress固定ページにタグを表示させる方法

固定ページにタグが表示されない

デフォルト仕様のワードプレスでは固定ページでタグが使えない

固定ページを執筆中に、Wordpressに備わっている「タグ」と「親ページ」「子ページ」を使って構造化をしようと考え、作業を進めていました。
このページにはこの「タグ」かなと思いながら右側のサイドメニューを見ていると、投稿画面にはあった「タグ」メニューが、固定ページの編集画面にないことに気付きました。

どうしたものかなと思って調べてみると、簡単に解決する方法があったので、備忘録代わりに記載しておきたいと思います。

本当に超簡単に解決できます。

WordPressの固定ページにタグを表示させる簡単なカスタマイズ方法

WordPressの固定ページに「タグ」を表示させる簡単なカスタマイズ方法です。
まずは、Wordpress管理画面の左側にある「外観」→「テーマエディター」をクリックしましょう。

テーマエディター画面が表示されたら、右側の「テーマのための関数」(functions.php)をクリックして表示されたテキストエリアに下記をコピペします。
あとから見ても分かりやすいように、テキストエリアの一番下に貼り付けると良いでしょう。

// 固定ページにタグを設定
function add_tag_to_page() {
 register_taxonomy_for_object_type('post_tag', 'page');
}
add_action('init', 'add_tag_to_page');
 
// タグアーカイブに固定ページを含める
function add_page_to_tag_archive( $obj ) {
 if ( is_tag() ) {
 $obj->query_vars['post_type'] = array( 'post', 'page' );
 }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'add_page_to_tag_archive' );

固定ページの投稿画面を開いてみると、編集画面の右サイド「パーマリンク」の下に「タグ」を入力できるメニューができました。

これで投稿画面と同じように固定ページでもタグを使うことができるようになりました。

まとめ

WordPressの固定ページでは、タグを使えない仕様になっていますが、使っているテーマのfunctions.phpに記述を加えるだけで、簡単にタグを使えるようになります。

同じ現象で困っている方、是非お試しください。

レンタルサーバーはロリポップ

エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプラン、ハイスピードプランの中でも「ライトプラン」がおすすめです。理由は機能のバランスとコスパの良さ。
・独自ドメイン利用可/マルチドメイン100個まで
・WordPress簡単インストール
・独自SSLなど
・豊富な機能を利用できる

WordPressのSEOで手っ取り早く順位を上げたいならテーマ選びが大切

AFFINGER6(WordPressテーマ)

WordPressのSEOで手っ取り早く順位を上げたいならテーマ選びが大切です。
特にアフィリエイトでSEO上位を狙うなら、WordPressテーマは「AFFINGER6」一択。
特徴としては
①SEOや収益化に効果的な機能が豊富
②記事ごとにAMP化を選択可能
③簡単に設置出来るランキング機能をはじめとしたアフィリエイトを始めやすい設計

タイトルとURLをコピーしました