Google Search Consoleへの登録手順

サイト作成

サイトを作成したらGoogle Search Consoleへ登録しよう

Google Search Consoleとは

Google Search Consoleについては、公式サイトで下記のように説明が掲載されています。

Search Console の概要
Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

引用元 Search Consoleヘルプ https://support.google.com/webmasters/answer/9128668?hl=ja

簡単に言うと、ホームページを作ったらGoogle Search Consoleに登録しましょう。登録してサイトを改善することで、より良い形でGoogle検索結果に出てくるようにしましょうということですね。

サーチコンソールに登録する理由

やはり、サイトを作って誰かに見てもらうためには、検索結果に出てくる必要があります。
SEO対策と呼んだりしていますが、ただ検索結果に出るだけでなく、グーグル検索結果に出る頻度や、検索クエリ(検索した言葉)、エラーになっているページを知ることで、サイトを改善したりリライト(再編集)の方向性も変わってきますからとても大切なことなんですね。

では、早速「Google Search Console」にサイトを追加していきましょう!

【手順】Google Search Consoleの登録方法

サーチコンソールで所有権の確認を行う方法

Googleサーチコンソールへ登録して、自分のサイトの解析を行うためには、まず「所有権の確認」を行う必要があります。

なんだか難しそうだなと感じた方は安心してください。
順番通り進めていけば、問題なく誰でも登録することができます。

まずは、Google Search Consoleを開きましょう。
次に、ウィンドウ左上の「プロパティを追加」をクリックします。

次のウインドウが開くので、”xx.com”のように、”https”や”http”、”www”を省いた部分だけを入力します。
例えば当サイトは、”https://sumikko.work”がURL全体ですが、”sumikko.work”だけを入力します。
sumikko.work/ のように、最後のスラッシュも不要です。

「続行」で先に進みます。

しばらく待つと、次のような「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面に切り替わります。

この中で暗号のように長い文字列”google-site-verification=・・・”部分を、自分のドメインに反映させてから、右下の「確認」を押して作業はコンプリートです。

DNS レコードでのドメイン所有権の確認
  1. ご利用のドメイン名プロバイダ(godaddy.com、namecheap.com など)にログインします
  2. 以下の TXT レコードを xx.com の DNS 設定にコピーします

この画面は開いたまま、別のウインドウまたはタブを開き、ドメインを申し込んだサイト(お名前ドットコム や ムームードメイン など)を開き、さらに手順通り進めていきます。

ここから先は、ドメイン側の設定を行います。
ドメイン側の設定が終わったら、再びグーグル サーチコンソールの画面に戻ってきます。

タイトルとURLをコピーしました