ドメイン所有権の確認 お名前ドットコム

サイト作成
この記事は約4分で読めます。

DNS レコードでのドメイン所有権の確認

グーグル サーチコンソールへ自分のサイトを確認してもらう作業の第一弾は「Google Search Consoleへの登録手順」で説明した通りです。
今回は、DNS設定にテキストをコピペする手順を説明します。
対象は、「お名前ドットコム」を利用されている方です。

お名前ドットコムの登録方法

独自ドメインの取得なら1円~の【お名前.com】独自ドメインの取得なら1円~の【お名前.com】
【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

Googleサーチコンソールの作業

「2. 以下の TXT レコードを xx.com の DNS 設定にコピーします」の作業です。
「google-site-verification=・・・」の右側にある「コピー」をクリックしておきます。

お名前ドットコム側の作業

● ドメインのDNS設定画面を選択

次に「お名前ドットコム」へログインします。
ログイン後に表示される管理画面の左上に「ネームサーバーの設定」という場所があるので、そこにマウスを持って行くと「ドメインのDNS設定」をいうメニューが開くのでクリックして進みます。

● 設定するドメインを選択

ネームサーバーの設定 / DNS設定/転送設定-ドメイン一覧が開きます。
複数のドメインを持っている方は、該当するドメインの左にあるチェックボックスにチェックを入れて「次へ」で進みます。

● DNSレコード設定を利用する設定を選択

ネームサーバーの設定 / DNS設定/転送設定-機能一覧という画面に移りましたね。
画面を少しだけ下に下げると、中央付近に「DNSレコード設定を利用する設定する」というメニューがあります。

説明にもあるように、ここではDNSレコード設定が行えます。
お名前.comのネームサーバーを使い他社Web/メールサーバーのAレコードやMXレコードの設定が必要な場合に利用します。
青い「設定する」ボタンをクリックして進みます。

● TXTレコードを、DNS設定にコピペ

さらに下へ下げていくと、A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXT/SRV/DS/CAAレコードというような文字列と表が見えてきます。

ここでは、TYPEの下にあるドロップダウンリストから「TXT」を選択します。
すると、右側のVALUEという文字の下にテキスト欄が一つ出現するので、ここに「google-site-verification=・・・」をコピペします。
※TTL:3600という欄は、触らずそのままにしてください。

右端の「追加」をクリックして進みます。

● 画面を確認

対象ドメインと、現在のDNSレコード設定状況を確認したら、一番下の青いボタン「確認画面へ進む」をクリックして、次へ進みます。

● この画面で設定を決定

この画面では、「設定する」という青いボタンを押下して、変更した設定を決定します。

Googleサーチコンソール

● 再びGoogle Search Console の画面に戻ります

開きっぱなしにしていた「グーグル サーチコンソール画面」に戻ってきたら、右下の「確認」ボタンを押下します。
設定が正しければ、確認した旨の画面が表示されるので、サーチコンソールの「ドメイン所有権の確認」作業は、これで終了となります。

まとめ

Google Search Consoleでドメイン所有権の確認を行うためには、Googleサーチコンソール → ドメイン(お名前ドットコムやムームードメインなど) → Googleサーチコンソール という流れになるということが分かりましたね。

独自ドメインの取得なら1円~の【お名前.com】独自ドメインの取得なら1円~の【お名前.com】
【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

登録できない MixHost

私の場合、MixHostでレンタルサーバーを借り、お名前ドットコムで作ったドメインを被せているので、上記方法だけでは、Google Search Consoleの確認ボタンを押すと、「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」というメッセージが表示され、

v=spf1 redirect=_spf.mixhost.jp

という暗号にも似たメッセージが表示されて前へ進むことができませんでした。
これは、お名前ドットコムで作成したドメインをMixHostが上書きしていることが理由のようです。
お名前ドットコム+MixHost でサイトを作成している方や、ムームードメイン+MixHostでホームページを作成している方も同じ現象になるかと思いますので、MixHost利用者で「ドメイン所有権の確認」について登録できないエラーが出た方向けに、解決方法を次のページで解説しています。

タイトルとURLをコピーしました