ドメイン所有権の確認 MixHost

サイト作成
この記事は約5分で読めます。

このページでは、Google Search Consoleの「ドメイン所有権の確認」をしてもエラーになって登録できないエラーの解決方法について説明しています。
環境は、MixHostでレンタルサーバーを借りて、ドメインは「お名前ドットコム」や「ムームードメイン」で申し込んだ方向けの記事ですが、もしかしたら、他のレンタルサーバーでもヒントになるかも知れませんね。

ドメイン所有権の確認 : MixHost

グーグル・サーチコンソールにサイトを登録しようとした際に、私と同じように「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」で引っかかってしまう方がいると思うので、全体の流れをおさらいがてら、解決方法を記載しておきます。


月額968円からの高速LiteSpeed採用クラウド型レンタルサーバー

Google Search Consoleに登録したい

DNS レコードでのドメイン所有権の確認

まず初めに、Google Search Consoleへログインして、プロパティの追加から「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」までは、スムーズに進むでしょう。
詳しく知りたい方は、Google Search Consoleへの登録手順を見ればすぐに理解できます。

お名前.comでのDNS設定

Google Search Console「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」で表示された
2. 以下の TXT レコードを xx.com の DNS 設定にコピーします
google-site-verification=・・・をお名前ドットコムで設定します。お名前.comでのDNS設定については、下記ページで詳細に説明しています。

エラー:「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」

お名前.comでのDNS設定も無事に終え、ホッとした気持ちでGoogle Search Consoleに戻ってきて「確認」ボタンを押して完了!
・・・と思ったら、

「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」
「v=spf1 redirect=_spf.mixhost.jp」

というエラーメッセージが表示されて、なんじゃこりゃ!?状態。

ちなみに、私も「お名前.com」+「ミックスホスト」という環境だったので、上記のエラーメッセージが表示されてしまい、前へ進めませんでした。

そこで色々と調べてみると、MixHost(ミックスホスト)でレンタルサーバーをしている人は、ミックスホスト(MixHost)で設定を行わなければいけないことが判明しました。

確かにエラーメッセージの中にも”mixhost”というキーワードが入っていますよね。
ということで、Mixhost(ミックスホスト)の設定に移ります。

MixHost(ミックスホスト)での設定手順

MixHostにログイン

MixHost(ミックスホスト)にログインしてマイページに行くと、上記のような画面になっていると思います。

赤い矢印で指し示している対象のドメインをクリックします。
すると「サービス詳細」の画面に移ります。

cPanelにログイン

サービス詳細の画面左上にある「cPanelにログイン」ボタンをクリックします。

cPanel の Zone Editorアイコンを探す

cPanelの画面に移動すると、様々なアイコンがズラリと並んでいるかと思います。

画面を中央付近までスクロールして下げていくと、DNSと表示されたアイコンで「Zone Editor」というリンク文字が付いたボタンが見えてくるので、「Zone Editor」をクリックして進みましょう。

対象ドメインの「管理」

Zone Editorの画面に入ると、複数のドメインを持っている方なら、管理しているドメインが並んでいます。
ドメインを一つだけ持っている方は、一つしか表示されていません。

対象ドメインの右端にある、「管理」というボタンをクリックして進みましょう。

TXT レコードをDNS 設定にコピー

ドメインの管理画面に入ると、上記図のような状態に変わります。
この中で、種類列に「TXT」という表記のある行を見つけてください。そのTXTの右隣に見覚えのある”v=spf1 redirect=_spf.mixhost.jp”の一部が表示されているのが見えます。

TXT行の右端にある「編集」ボタンを押して、その文章の代わりに、Google Search Console「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」画面に表示されていた、”google-site-verification=・・・”で始まるテキストをコピペして保存しましょう。

Google Search Console画面に戻る

MixHost(ミックスホスト)の画面から、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)画面に戻ったら、DNS レコードでのドメイン所有権の確認の右下にある「確認」ボタンをクリック。

無事に「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」が成功します。
これにて、Google Search Consoleでのドメイン所有権の確認作業は終了となります。

まとめ

お名前.comやムームードメインでオリジナルドメインを作った方で、Google Search Consoleでの「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」が失敗する方、尚且つレンタルサーバーがMixHost(ミックスホスト)利用者は、この方法で解決できると思いますので、是非お試しください。

MixHost(ミックスホスト)で「DNS レコードでのドメイン所有権の確認」がうまくいかない理由については、ミックスホストはドメインのDNS情報を上書きする仕様になっていることが理由のようです。


月額968円からの高速LiteSpeed採用クラウド型レンタルサーバー


タイトルとURLをコピーしました