【転職】まだ消耗し続けますか?転職で本来の輝くあなたを取り戻そう!

すぐに派遣のお仕事を始めたいなら「ウィルオブワーク」がおすすめ!?評判や口コミはどう?
派遣のお仕事探し
Webエンジニア、プログラマー、システム管理の派遣がおすすめ
保育士の求人・転職情報(認可外保育園・認可保育園)
スキマ時間を有効活用「シェアフル」
50代の転職は厳しい?50代で転職するなら3つのポイントを抑えておけ!成功例から見る現実
転職適性診断プログラム

転職に関するニュース

20歳、将来「年収1000万」はほしいです。おすすめの業種や職種はありますか?

女性が年収1000万円を目指せる職種とは?
女性が高収入を得られる仕事の特徴は、商材の単価の高さや専門性と責任の重さなど、男性とほぼ同じです。近年、多くの日本企業の業種や職種で性別に関係なく成果によって評価される傾向が進んできています。

自分の専門性を高めつつ、高い業績を達成し続ければ、男女問わず年収1000万円は難しくないのです。いくつか具体例を見てみましょう。

■広告代理店営業
年収モデルは29歳で1000万円です。広告代理店などが扱う案件は単価が高いので、その営業職も高収入が期待できるでしょう。

■税務会計
年収モデルは36歳で1100万円です。税理士や会計士などの専門職は企業が相手なので個人を対象にするよりも高い報酬を得ることができます。ただし、合格率が低く困難な国家試験にパスして資格を得る必要があるため、かなりの努力が要求される分野です。

■大学教授
年収モデルは1006万円です。大学教授は学問的な研究職の到達点なので、最も高い知的専門性が要求される職種といえます。いきなり教授になることは少なく、助手、准教授などのキャリアアップをしていくのが一般的です。日本では少子化の影響から採用枠が少なくなっていますが、男女格差も少なく、いったん就くことができれば安定した職種です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9004afadf9e43f75705efdc950d686b45b7270ef

「2022年冬のボーナス」予想金額は「10~30万円未満」が最多…「15年以上全く変わらない」など不満の声も

株式会社ヒューネルが「冬のボーナスについてのアンケート調査」と題して2022年9月に実施した調査で、おもに20代(22%)、30代(37%)、40代(26%)、50代(12%)の人に聞きました。 はじめに、「2022年の冬のボーナスの支給予定額」を聞いたところ、「10万円~30万円未満」(188人)や「30万円~50万円未満」(106人)が多く、給与の1~2ヶ月分という人が多くを占めた一方で、少数だったものの「100万円以上」(14人)という人も見受けられました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c263deb6571ae5cdafb4ae4b030f2fe1f6d4d589

「テレワーク廃止なら会社を辞める」 “原則出社”に戻した企業から人が去る

報告書によると、ほとんどの労働者は週に1日以上のテレワークを歓迎している。テレワークもしくは、オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークの継続をかなえるためなら、たとえ収入が下がっても転職をも辞さないという。

 テレワークの人気は非常に高い。転職を考える労働者は「テレワークが許される企業であれば、今の仕事の給与から5~10%の減給になるとしても応募する可能性がある」

https://news.yahoo.co.jp/articles/c24cab1a051fea61494067ea648cd70fa9136dc7

40代・会社員の平均給与は月44万円だが…同年代・非正規「正社員と同じ仕事をしてるのに…」涙が止まらない、驚愕の手取り額

大卒のサラリーマン。正社員であれば、平均給与は42万5,800円で、手取りにすると32万円ほど。年収は推定647万8,000円です。大学卒業後の20代前半では月25万円ほどだった給与は、年齢と共に上がり続け、50代で50万円を超えピークに達します。

【年齢別「大卒・正社員の給与」】
20~24歳:255,100円/3,415,500円
25~29歳:307,400円/4,518,400円
30~34歳:358,000円/5,335,200円
35~39歳:411,700円/6,252,200円
40~44歳:446,200円/6,844,800円
45~49歳:483,500円/7,480,400円
50~54歳:533,200円/8,418,800円
55~59歳:533,200円/8,334,000円
60~64歳:446,400円/6,497,600円
出所:厚生労働省『令和3年賃金構造基本統計調査』より算出
※数値左:月収(所定内給与額)、右:推定年収
この平均が、多くの大卒サラリーマンのひとまずの目標額といえるでしょう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ff24a0509a05faa7871f09e5a7781da9cfb92819

キャリアの7割は偶然の出会い…”転職ガチャ”で成功する人、後悔する人を分ける意外な要素

昨今、転職する人が増えている。「しかし、2022年7月に調査したところ、1年以内に転職した20代、30代4770人のうち、21.4%が転職を後悔していました」と指摘するのは、800社超17万人の働き方改革を支援してきたクロスリバー代表の越川慎司さんだ。自身3回の転職をしてきた越川さんは「転職に成功する人としない人を分けるのは、“成功の定義”があるかないかです」という──。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dc550200b5272b0b3470c3050d8086f256be3502

激務で社畜寸前だったのに70か国を旅した会社員が教える「自分の時間の作り方」

土日は寝るだけの会社員人生だったが……

都内の広告代理店に勤務する東松寛文さん。新卒で入社した頃は、朝8時には出社して終電帰りが当たり前。 土日は休みだが、寝だめで1日の大半が終わり、夜は合コンしてニ日酔いのまま月曜を迎えるのが日常であった。 そんな日々が転機を迎えるきっかけが、たまたま見たNBAの試合のチケット情報。ひいきのチームが出場するその試合のプレミアチケットが意外な破格値で、思わずポチッたものの、試合会場はロサンゼルス。 「社畜寸前」で会社に奉職することしか考えていなかった東松さんにとって、そこは宇宙の果てのように遠い場所であった。 ロス行きを諦めかけた東松さんだが、学生時代の先輩が、「上司の顔色伺わないと生きていけない職場なら転職すっかな」という言葉に心を動かされて決断。上司から有給休暇を取りつけて3泊5日の観戦旅行に出かけた。 この経験で旅行熱に開眼した東松さんは、週末の休みを活用して海外弾丸旅行を繰り返す。

https://news.yahoo.co.jp/articles/31412c2aec8bc5172aa8257e5adc5cd0ef8d8be4

同期・部長は月60万円だが…「出世なんて興味ない」50代・負け組サラリーマンがうそぶく、残念すぎる給与額

「給与が上がらない」というボヤキがとまらない日本において、自力で給与を上げる手段として「出世」があります。しかし世の中には「出世に興味がない」という人も。「出世する人」と「出生しない(できない)人」はどれほど給与が違うのでしょうか。みていきましょう。
中略

【男性会社員の給与の推移】
20~24歳:218,000円/3,400,800円
25~29歳:256,700円/4,284,900円
30~34歳:295,600円/4,988,200円
35~39歳:333,400円/5,602,500円
40~44歳:364,600円/6,060,200円
45~49歳:390,500円/6,428,300円
50~54歳:422,600円/6,926,900円
55~59歳:428,600円/6,949,000円
60~64歳:351,600円/5,299,500円

【非管理職の給与の推移】
20~24歳:217,700 円/3,393,900 円
25~29歳:252,900 円/4,231,100 円
30~34歳:284,600 円/4,819,400 円
35~39歳:309,200 円/5,188,400 円
40~44歳:321,400 円/5,367,500 円
45~49歳:328,900 円/5,444,100 円
50~54歳:340,800 円/5,603,000 円
55~59歳:345,900 円/5,651,200 円
60~64歳:292,100 円/4,391,500 円

出所:厚生労働省『令和3年賃金構造統計調査』より算出
※数値左:月収(所定内給与額)、右:推定年収

https://news.yahoo.co.jp/articles/3908f911324577b0e1242bf5f59eab34664e7418
転職・派遣の悩み解決 すみっこワーク
タイトルとURLをコピーしました